日本神経発達改善専門協会の学びのもとは

下記の臨床のスペシャリストから学んでいます。

発達障害改善の臨床のスペシャリスト

講師:アンジェラマンソリージョ、MA / CCC-SLP、BCS-S

アンジェラ・マンソリージョ、MA / CCC-SLP、BCS-Sは、言語聴覚士であり、 21年以上の経験を持つ嚥下障害の理事会認定スペシャリストになります。

彼女はマサチューセッツ州ノーサンプトンのクーリーディキンソン病院の上級言語病理学者であり、嚥下障害のある成人と子供のための評価、治療、およびプログラム計画に携わっています。

Mansolilloは、ロードアイランド大学でコミュニケーションの学士号を取得し、コネチカット大学で言語病理学の修士号を取得しています。

Angela Mansolilloは、米国音声言語聴覚協会の嚥下障害および嚥下障害の理事会認定スペシャリストです。

講師:ロバートメリロ、MS、MNeuroSci、DC、PhD(C)DABCN、FACFN、FABCDD

ROBERT MELILLO MS、MNeuroSci、DC、PhD(C)DABCN、FACFN、FABCDDは、発達機能神経学、脳の不均衡、半球統合、およびほとんどの神経行動障害と学習障害の診断と矯正の世界的に有名な専門家です。

彼は、臨床リハビリテーション神経心理学、神経学、神経科学、およびカイロプラクティックの大学院の学位を持っています。Melillo博士は多作の脳研究者であり、Disconnected Kids、 50の査読論文、主要な教科書である小児神経行動障害: 進化論的展望を含む5冊のベストセラー本を執筆しています。彼は約150のセンターを持ち、何万もの家族を支援してきたブレインバランスアチーブメントセンターを設立しました。

Melillo博士は、世界中の数多くの臨床および科学会議で発表し、20年以上にわたって大学院レベルで彼自身のコースを教えてきました。彼は、国立健康科学大学の発達障害の准教授であり、国際機能神経学およびリハビリ協会の共同創設者および元会長でもあります。この分野でのメリロ博士の権威により、彼はドキュメンタリーに出演し、何千ものラジオやテレビのインタビューに出演し、テレビ番組、ラジオ番組、ウェブシリーズを主催しています。 

講師:Varleisha D. Gibbs、PhD、OTD、OTR / L、ASDCS

Varleisha D. Gibbs、PhD、OTD、OTR / L、ASDCS、は、自閉症スペクトラム障害、感覚処理障害、および神経障害と診断された子供および青年との協力に18年以上の経験を持つ作業療法士および著者です。彼女は、米国作業療法学会(AOTA)の実践的関与と能力開発の副社長です。ギブス博士は、アメリカ作業療法財団の元科学プログラム責任者です。彼女はまた、デラウェア州ドーバーのウェズリー大学で作業療法の修士プログラムの初代議長およびディレクターを務め、テニュア准教授を務めました。ウェズリーに入社する前は、ペンシルバニア州フィラデルフィアの科学大学で作業療法の博士課程のディレクターを務めていました。

ギブス博士は堅実で、神経学、認知、および小児治療介入の分野の専門家です。彼女は、感覚処理戦略と自主規制に関する講義とトレーニングを開業医、保護者に提供し、国内および国際的に教えています。感覚処理障害のある子供を育てるの共著者として彼女は家族に子供を理解し世話をするための戦略を提供してきました。ギブス博士は、自主規制とマインドフルネスプログラムの開発者であり、ベストセラーの自主規制とマインドフルネス:感覚処理障害のエクササイズとワークシート、クライアントを癒し、成長、機能改善に向けて動かす85の活動(PESI)の著者です。 Publishing&Media、2021年5月)。の共著者として彼女は感覚処理障害のある子供を育て、家族に子供を理解して世話をするための戦略を提供してきました。ギブス博士は、自閉症スペクトラム障害臨床スペシャリスト(ASDCS)として認定されています

 

まだまだ、世界の臨床のスペシャリストから沢山の学びを得ることができるのです。

 

あなたが、もしお子さまを改善するにはどのような対策を取りますか?

私どもがとった対策は、改善できた専門家に学ぶことでした。

国内には正直、専門と言われる人が少なすぎました。

であれば、専門家に学べば良いのです。

お子さまの症状を改善したいけど、どうすればよいかわからない?

という親御様が多いなか、あなたは助けを求めたのはどこですか?

「医者」「ソーシャルワーカー」「支援学級の先生」

様々な方に相談したのでは?

しかし、お子さまを改善させてくれましたか?

病院では医療費を、ソシャールワーカーは支援学校の案内だけ

支援学校では、改善という改善よりも対応だけ

そうです、あなたのお子さまが改善して世の中から

神経発達症のお子さまが減ると困るのはどこですか?

利害をのぞいたとしても、そもそも改善方法など知らないので

知らないから、「治りません」だから環境を整えましょうと・・・・

世界の子どもたちは、改善しているのになぜ「改善しない」「治らない」と

いうのでしょうか?

あきらめずに、あなたも改善できる親御様に一緒になりませんか?