赤ちゃんのずりばいをしない原因とは?3つのずりばいの練習方法!

寝返りができるようになってから1ヶ月も経つのにずりばいしないと不安になりますよね?

生後8ヶ月になるのにずりばいしないのは「うちの赤ちゃんは他の子より成長が遅いのかな?」などと他の赤ちゃんと比べてしまい、成長が遅いと落ち込んだり悩んだりしていませんか?

ずりばいをしないから悩んでる事をママ友に打ち明けると、「個人差があるから大丈夫だよ!」って言われても気になります。

ましてや、ずりばいしている子供のママ友から言われるとなんだか負けてる気がして素直に聞けないですよね。

子供の成長というのは、親にすると本当に気になるものです。

「焦る必要はない」と頭ではわかっていても、親は悩むものです。

「ずりばいしない」という悩みや不安な気持ちを少しでも解消してもらいたいと思います。

むしろ、ずりばいをとばしてハイハイやつかまり立ちをすることは、将来の発達の危険サインになります。他の親や最新の知識のない医師はこういうことでしょう「そんなの気にしなくていいよ!」この言葉が将来のお子さまにどれだけのデメリットを与えるか、考えたことがありますか?

 

他人は平気で無責任な言葉を発します。そして、あなたも、他人の子に平気で同じようなこと言うことでしょう。なぜなら、嫌われたくないや、元気づけなきゃという情が入るからです。

その言葉が、いかに無責任化は理解していただけたと思いまし。

では、本題にはいっていきます。

ずりばいとはなに?

「ずりばい」「はいはい」を始める前の赤ちゃんによく見られる行動スタイルです。

赤ちゃんがうつ伏せになって、お腹をついた状態で手の平や足の裏で床を押して、前や後ろに這って移動します。

両手だけでなく、足もちゃんと使って腹ばいで動こうとします。

具体的には、ほふく前進のように、おしりが上がらない動きです。

よく見られる「はいはい」の形は、両手と両ひざ、両足首を床について、おしりを上げて行動するスタイルです。

はいはいができるようになるには、足腰筋肉神経が発達しないとできません。

うつぶせや寝返りに慣れてくると、赤ちゃんは自分の意志で移動したくなります。

はいはいができるほど筋肉や神経は発達していないので、ほふく前進のような「ズリバイ」という行動が見られます。

今まで寝ているだけだった赤ちゃんが少しでも動きはじめるとママやパパは嬉しいです。

 

成長の一つであるずりばいですが、赤ちゃんの成長にとって必ずしも必要な行動ではないと考えている専門家もいらっしゃりますが、発達の過程でこの過程を飛び越すことは、発達障害につながる可能性がたかまります。

ずりばいをまったくしないで大きくなる赤ちゃんはたくさんいますので、ずりばいをしないならするためのトレーニングをするべきです。

なぜならば、ずりばいは発達段階で筋肉の使い方、足の使い方、目の使い方と発達に必要な神経回路ネットワークを構築しているのです。

ですので、決して病気でもないし、発達はしていきますので専門家は問題ないよと言いますが、私達日本神経発達改善専門協会では、この過程をおこなってきていない神経発達障害のお子さまは、必ずこの段階のトレーニングをして改善させています。

いかに、発達段階の過程が大切かということをを知る必要があります。

いつからずりばいは始めるの?

ずりばいができるには、首がすわって、寝返りができてからになります。

首のすわる月齢と寝返りのできる月齢のだいたいの目安はご存知ですか?

母子健康手帳によると生後3~4ヶ月ごろ首がすわりましたか?のチェックがあります。

寝返りの場合、生後6~7ヶ月ごろに確認項目があります。

早い子だと生後3ヶ月ごろからずりばいをし始める赤ちゃんはいるみたいですが、生後7~8ヶ月ごろが一般的な目安になりそうです。

あまりにも早すぎる場合は、ずり這いをし始めたからといってこの首すわり・寝返りをしっかりをおこなって、さらに強化しておいてください。この土台となる時期が短いのも、のちの問題に繋がりますので、生後7~8ヶ月ごろまでかならず行うようにして下さい。

寝返りをするのが遅くなると、ずりばいの時期も遅くなります。

あくまでずりばいの始まる時期は目安であって、生後7~8ヶ月ごろになると必ずするものではありません。

早い子もいれば、遅い子もいます。

ずりばいをまったくしないで、はいはいを始める赤ちゃんもいます。

手足をバタバタし始めると、もう少しでずりばいを始める合図かもしれません。

ずりばいをし始めるとあっという間に「はいはい」が始まり部屋の中を動き回ります。

この時期の赤ちゃんの成長のスピードには驚きます。

ここか親として必ず大切なことですが、赤ちゃんが動き回る前に、お部屋に危険なものがないかチェックして、気になる危険なものは取り除いて対策しておきましょう。

親は、赤ちゃんの発達の為に必ず手助けをしないこと!近年、この赤ちゃんの成長を妨げるの親御様が増えてきています。手助けをすることにより正しい発達ができずに、発達段階が飛んで成長することがありますので、手助けは出来るならしないほうが良いです。

ずりばいしない原因とはなに?

赤ちゃんがどうしてずりばいをしないのか、もしくはできないのか、どんな理由があるのでしょうか?このできない原因を解明してみましょう。

首の筋力がまだ弱い!

赤ちゃんがうつぶぜになった状態のとき、ちゃんと首は持ち上がっていますか?

首が持ち上がっていなかったり、すぐに頬を床につけたりするのはまだ首の筋力が十分に発達していないのかもしれません。

首だけでなく肩や背中の筋力が弱いと、頭を持ち上げた姿勢を続けることは体力的にしんどいです。

頭を持ち上げるだけで赤ちゃんは疲れてしまい、ずりばいどころじゃないですよね。

ですので、このずり這いができない状態では、まだ首がしっかりすわっていないもしくは、自分で使えない状態なので、首がしっかりすわるようなトレーニングをしていきましょう。

手足の筋力不足が原因

ずりばいは腕や肘で上半身を支えて前へ移動する行為なので、

上半身を支える力がないとできません。

前に進むには手だけでなく足も使いますので、足の筋力も発達している必要があります。

よくあるのが、ずりばいはするのだけど、前に進まないで後ろに進む赤ちゃんがいます。

その原因は足より手の力が強いと前に進まずに後ろに進んでしまいます。

また、下半身を安定させるには腰回りの筋肉が必要です。

下半身が安定してないと前に進みそうなのに、ばたんを横にこけて、寝返りみたいになっちゃいますよね。

そもそも動きたいと思っていないのかも?

赤ちゃんが成長すると、筋力や骨格、神経などが発達します。

ずりばいをできるだけの身体能力まで発達してるにも関わらず、ずりばいをしないのは赤ちゃんに興味がないのかもしれません。

ベビーベットやサークルの中など狭いスペースにいることが多いと、「他の場所へ行ってみたい!」という好奇心や探求心が湧いていないのかもしれません。

そういう場合は、部屋の広いスペースに出してあげて、赤ちゃんの五感を刺激するようにしてあげると、自然と「もっともっと動きたい!」という欲求が行動に表れてくるかもしれません。

ずりばいどうやって練習するの?

寝返りができて、うつぶせに慣れてきたのであれば、徐々にずりばいの練習を始めてもいいかもしれません。

ずりばいの練習は赤ちゃんにとって運動になるだけでなく、探求心や好奇心といった心の成長にも繋がります。

ただし、決して焦って長時間の練習はやめてください。

赤ちゃんの体力に合わせて無理のないペースで練習することです。

「もう少しでずりばいができそう」って思うと、どうしても無理させがちになりますので注意しましょう。

1.おもちゃを置く

一番ベタな方法ですが、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを赤ちゃんの手が届きそうな場所に置くことです。

おもちゃじゃなくても、ぬいぐるみやスマートフォンなど赤ちゃんの好きな物であればいいと思います。

赤ちゃんは好きな物が目に飛び込んでくると、必死で取ろうとしますので、頑張って移動しようとします。

2.赤ちゃんを呼んであげる

ママやパパが声掛けをして、赤ちゃんを呼んであげます。

赤ちゃんは大好きなママやパパの元へ頑張って移動しようとします。

声掛けだけでなく、手を叩いたりして音を出して呼んであげるのも効果的です。

赤ちゃんとのコミュニケーションにもなり、親子の絆が強くなる練習方法です。

3.足裏を押してあげる

赤ちゃんが足をばたばたさせて、ちょっとしたきっかけでずりばいができそうだなって思ったら、少し足裏を押してあげてください。

足裏を押してあげることで前に進む感覚をつかみやすくなります。

赤ちゃんが前へ進むコツさえつかめば、もう少しです。

まとめ

ずりばいをしないからといって心配はないよという言葉は信じては行きません。

すりばいはしっかり出来るようにしておくべきです。

なぜならば、発達段階に必要な段階だからです。

私は、何人ものお子さまを見てきた中で、親御様の問診に小さいうちにずり這い、ハイハイはしましたかと必ず聞いています。

その多くの親御様の返答はは、ずり這いや、ハイハイは短じかかった!立つのが早かったという返答ばかりです。

子育ては、焦る必要は一切ないですが気にかけることや練習する必要があるお子さまもいます。
これらは、脳の神経回路ネットワークを構築していくのに必要不可欠になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です