ADHDとは何ですか?

ADHDは、小児期に最もよく見られる神経発達障害の一つです。

通常、小児期に初めて診断され、大人になってからも続くことが多いです。

ADHDの子どもたちは、注意力が低下したり、衝動的な行動を抑えられなかったり(結果を考えずに行動してしまう)、

活動的になりすぎたりします。

兆候と症状

ADHDの子どもたちは、一度や二度は集中力や行動力が低下することがあります。

しかし、ADHDの子どもたちは、そのような行動から抜け出すことができません。

症状は継続し、重度になることもあり、学校、家庭、友人との関係に支障をきたすこともあります。

ADHDの子どもは、以下のようなことをするかもしれません。

・白昼夢をよく見る
・忘れ物や紛失が多い
・ぐずったり、そわそわしたりする
・おしゃべりが多い
・うっかりミスや不必要なリスクを冒す
・誘惑に負けることが多い
・順番を守るのが苦手
・他人とうまく付き合えない

 

ADHDのタイプ

ADHDには3つのタイプがあり、どのタイプの症状が強いかによって異なります。

・主に不注意な症状

タスクを整理したり、終わらせたり、細部に注意を払ったり、指示や会話に従うことが困難です。

気が散りやすく、日常生活の詳細を忘れてしまう。

・主に多動性

衝動性のある表現。その人はよく動揺し、よくしゃべる。長時間じっとしているのが難しい(例:食事中や宿題中)。

小さな子供は、絶えず走ったり、跳んだり、登ったりします。本人は落ち着きがなく、衝動性の問題を抱えています。

衝動的な人は、人の話を何度も遮ったり、人の物を奪ったり、不適切なタイミングで話したりすることがあります。

自分の順番を待ったり、指示を聞いたりすることが困難です。

衝動性のある人は、他の人よりも事故や怪我が多いかもしれません。

・複合的な症状

上記の2つのタイプの症状が同じように存在する人。

症状は時間とともに変化するため、症状の現れ方も時間とともに変化することがあります。

 

ADHDの原因

科学者たちは、ADHDを管理し、その可能性を減らすためのより良い方法を見つけるために、原因や危険因子を研究しています。ADHDの原因や危険因子は不明ですが、現在の研究では、遺伝が重要な役割を果たしていることがわかっています。

最近の研究では、遺伝的要因とADHDとの関連が指摘されています。

遺伝以外にも、以下のような原因やリスク要因が考えられ、研究が進められています。

・脳の損傷
・妊娠中や幼少期の環境リスク(例:鉛)への暴露妊娠中のアルコールやタバコの使用
・未熟児出産
・低出生体重児

ADHDの原因は、砂糖の摂りすぎ、テレビの見すぎ、子育て、貧困や家庭内の混乱などの社会的・環境的要因であるという一般的に言われている見解は、研究者たちは支持したがりません。しかし、このような要因の因果関係は決して拭えないであろうと日本神経発達改善専門協会では考えております。

ADHD診断について

子供がADHDであるかどうかを判断するには、いくつかの段階を経る必要があります。

ADHDを診断する単一のテストはありませんし、不安や抑うつ、睡眠障害、ある種の学習障害など、他の多くの問題にも同様の症状が見られます。

ADHDの診断には、ADHDのような症状を持つ他の問題を除外するために、聴覚や視覚の検査を含む健康診断が必要です。ADHDの診断には、通常、ADHDの症状を評価するためのチェックリストが含まれており、両親や教師、時には子どもからも病歴を聴取します。

 

ADHDの改善法

家族と話すトレーナー
ほとんどの場合、ADHDは、行動療法と薬物療法を組み合わせて治療することが多いいです。

就学前(4~5歳)のADHDのお子さんには、薬物療法の前に、行動療法、特に親御さんへのトレーニングを行うことが第一の治療法として推奨されています。

何が最も効果的かは、子どもと家族によって異なります。

優れた改善計画には、綿密なモニタリング、フォローアップ、そして必要に応じた変更が含まれます。

 

ADHD症状の管理 健康を維持する

健康であることは、すべての子供にとって重要ですが、ADHDの子供にとっては特に重要です。

行動療法や薬物療法に加えて、健康的なライフスタイルを送ることで、ADHDの症状に対処することが容易になります。

ここでは、いくつかの健康的な行動をご紹介します。

果物、野菜、全粒穀物をたくさん食べ、低脂肪のたんぱく質を選ぶなど、健康的な食習慣を身につける。
年齢に応じた日常的な身体活動を行う
テレビ、パソコン、携帯電話などのスクリーン使用を控える。
年齢に応じた適切な睡眠時間を確保すること

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です